フッ素塗布

フッ素塗布について

歯質を強くしたイメージフッ素は歯を丈夫にする効果があり、初期のむし歯ではあれば、再石灰化で歯が修復されむし歯予防に役に立ちます。

乳歯は生えてから約2年は柔らかいため、むし歯に弱い状態です。

定期的にフッ素塗布を行うことで、歯質が強化されむし歯になりにくい歯になります。

フッ素塗布の流れについて

フッ素塗布は、歯が生えたころから小学校高学年まで定期的に行うと、むし歯予防に非常に効果的です。

フッ素塗布の準備

フッ素を綿に染み込ませます「リンゴ味・ぶどうふ味」からお好きな方を選んでいただきます。

上から塗っていきます

前歯にフッ素を塗布している様子前歯から奥歯に向かって塗布していきます。

下の歯も続けて塗っていきます

下の歯にフッ素を塗布している様子フッ素を付け足しながら全体に塗ります。処置後は歯に浸透させるため約30分間は飲食し控えてください。

フッ素についてのQ&A

フッ素塗布はどのくらいの間隔で塗った方が良いですか?

当医院では、3~4ヶ月に1度の割合でお勧めいたします。定期的に行った方が効果が期待できます。

フッ素は塗ることで、どのような効果が期待できますか?

フッ素は歯を強くする作用があります。食後、口内が酸性に傾き、歯の表面が溶け出します(脱灰といいます)。しかし、唾液によって中和され溶け出したものが歯の表面に元に戻る、再石灰化が起きます。フッ素は、この再石灰化を強化してくれます。

自宅でもフッ素を塗ることはできませんか?

歯科医院のものと比べると効果が薄いですが、フッ素入りの歯磨き粉やフッ素スプレーがあります。スプレータイプは歯に浸透させるため、約30分間は飲食を控えると効果的です。